宇野千代生家で「もみじ茶会」

d0081464_21415146.jpg
25日(土)、仕事の予定だったのですが、お休みをいただくことになり 山口県岩国市にある有名女流作家 宇野千代さんの生家で開催された「もみじの茶会」に行ってきました。
この写真は、生家の縁側から見た庭の様子です。
この縁側に座って、庭を眺めながら、作品を書かれたのでしょうね。
今年の4月に 初めて、宇野千代さんの生家にて 念願の淡墨桜(うすずみさくら)を堪能しました。淡墨桜も素晴らしいものでしたが、秋の紅葉も素敵だと知り、訪れてみたかったのです。


d0081464_2152769.jpg
宇野さんの生家の様子です。
色紙に書かれた『私はしあわせ 昔も 今も これからも』。心に残る。


d0081464_21555763.jpg
約100本のモミジが庭に植えられているそうです。
手入れの行き届いたお庭を和服姿の女性が歩く姿は、風情たっぷり。


d0081464_21565258.jpg
全身にパワーをもらう。


d0081464_21571964.jpg
燃えるようなモミジの下で頂くお抹茶と和菓子は、格別(=^・^=)。
和菓子は、岩国市 桜庵 三木屋の「いがもち」。これが美味しいのです!
立礼席だったので、気軽に参加できました。


d0081464_21574771.jpg
青、黄、赤色に染まったモミジの葉は、ここだけ、別世界のようでした。
錦帯橋が近くなので、訪れてみようと思ったのですが、天気も悪く、時間も制限されていたので家路に戻ることにしました。
今春に訪れた「宇野千代生家の淡墨桜」のブログに「 紅葉のお茶会が催されるころも 訪れてみたいなと思いました」と書いてあったのを見て、ささやかな願いですが こうして想いを綴っておくと 現実になるのだな*と実感しました。
小さなことでも 心に思うことを言葉に発し、行動すれば、叶うのですね。
ご婦人方や立派なカメラを持った方々が多かったのですが、若いカップルや夫婦連れも。なんとも 微笑ましい感じ。
来年のもみじ茶会は、彼を見つけて訪れてみたいと思いました。(叶うかな~ウフフ *^^*)
慌しい日々を送っている私にとって、このひとときは、とても リフレッシュできました。
[PR]
by hummingbird-june | 2006-11-27 22:31 | おでかけ